オフィスホワイトニングのメリットとデメリット

この記事をシェアする

オフィスホワイトニングのデメリットは

やはりコストが高くなる

金額面で考えるならば、ホームケアやセルフケアが手軽にできるというメリットに対して、オフィスホワイトニングは負担がかかります。

歯科やクリニックによって違いがあるのですが、保険治療が適応される虫歯などの通常の歯科治療と比べると、保険適応外のホワイトニングは何倍も高くなります。

本格的にホワイトニングを行おうとすると10万以上コストがかかる事もあります。
歯に力を入れられる人にとってはそれも仕方ないと割り切れるのかもしれませんが、あまりに高いと受ける事を躊躇してしまいます。

歯は使っていればまた汚れてきますので白さを維持する為には定期的なメンテナンスも必要となり、そこでまたコストが発生してしまいます。
一度試したものの費用がかかり過ぎて途中で辞めてしまう人もいるようなのでトータル的な出費が自分に合っているのか考える必要はありそうです。

口コミで嫌厭されているのは

施術を受けている間だけでなく家に帰ってからも歯が痛んでホワイトニングをした事を後悔しているという話を聞きます。
薬剤がその人にとって強すぎると痛みの反応が大きいとも言われています。

今まで虫歯の治療をしたことがある人は、最終段階で行われる歯のクリーニングの歯石除去が痛みを伴う事を知っているかもしれません。
通常の歯磨きでは届かない部分の汚れを取るので神経に触れると痛いので、歯茎全体に麻酔をする場合もあります。

歯科治療をあまり受けたことがない人にとって歯のメンテナンスが痛いなんて怖すぎて嫌厭してしまうでしょう。

また食生活や喫煙などの習慣を改善しなければ、せっかく綺麗にしても再び汚れてしまうので習慣を改めるように注意を受ける事があり、それがすごく負担で嫌だと感じる人もいます。


Topへ
戻る▲