オフィスホワイトニングのメリットとデメリット

この記事をシェアする

オフィスホワイトニングの魅力

ホワイトニングの種類は何があるか

タバコやカフェインを好む人は歯の黄ばみを気にしている人も多いのではないでしょうか。
その場合ホワイトングで歯を白くすると言う方法があります。
自宅で自分で出来る簡単な方法から、専門家に薬剤の使い方を教えてもらって、セルフケアで行う方法、歯医者や審美歯科等で歯科医や歯科衛生士の歯に関する有資格者に全てお任せしてホワイトニングをしてもらう方法があります。

歯医者や審美歯科で行うホワイトニングはオフィスホワイトニングと呼ばれています。
速攻性やクオリティーの高さを求めるなら、有資格者から施術を受けられるオフィスホワイトニングを選ぶと良いでしょう。
歯医者によっては力を入れていない事もあります。
審美歯科はクリニックによって価格の違いはありますが施術が受けられるはずです。

ホワイトニングって何のことか

ホワイトニングと聞くと歯を白くする為にブリーチする事だと言うイメージはないでしょうか。
実際にはブリーチも含まれるのですが、歯の歯石を取ったり表面を磨いたりする事を総称した行為をホワイトニングと呼んでいます。
歯を白くするのを目的にクリーニングしたり薬剤を使ってブリーチする事全てが含まれると考えます。

歯のお掃除の為に歯の表面の汚れを取ったり、歯茎に溜まった歯石や歯垢を除去する事はホワイトニングの中のクリーニングの分野で、薬剤などを使って歯の組織である色素を分解してしまう事で色を白くする為に漂白や脱色する事はホワイトニングの中のブリーチになります。

オフィスホワイトニングなら心配はありませんがセルフホワイトニングやホームホワイトニングは誤解をするような表記がある事があるので過剰広告には注意が必要です。


Topへ
戻る▲